TOP 会社概要 商品流通形態 プライベートブランド 取扱商品紹介 愛のバナナ定期便 お問合せ

 

 

バナナのおじさんの「愛のバナナ定期便」

  株式会社 朱常分店(代表取締役社長 西廼 直行)は、京都市内の社会福祉施設を利用されている方々のために、昭和34年以来、年2回の寄付「愛のバナナ定期便」を続けさせてもらっております。

 昭和34年に財政が苦しい福祉施設のお役に立ちたいと、当時貴重品であった、栄養価が高くおいしいバナナを子供達やお年寄りに味わってもらいたいと、京都市中央卸売市場の果実仲卸、株式会社 朱常分店 初代社長 故内田松一が、市内の福祉施設にバナナを送ったのが始まりです。

 



現代表取締役社長 西廼直行によるバナナの寄贈(令和元年度)
先代社長 内田吉治によるバナナの寄贈(平成26年夏)
現代表取締役社長 西廼直行による
バナナの寄贈(平成27年度)



「平成30年度京都市自治記念式典」において、篤志者表彰を受けました。→